負担を抑える|落ち込む前にクリニックへ行こう【ほくろ除去で自信アップ】
目のイラスト

clinicへgo

カウンセリングに納得してからほくろ除去に進もう

知っておくべきこと

顔や身体に複数のほくろがある人は、生まれつきほくろが作られやすい体質の可能性があります。施術の前に、まずはほくろの特性や手術について知っておきましょう。

負担を抑える

ウーマン

後天性のほくろ

ほくろは別名で後天性色素性母斑と言われています。今はほくろが多い人でも、生まれた時は無かったはずです。しばらくして母斑細胞が皮膚で増え、それがほくろとなるでしょう。後天性色素性母斑はUnna母斑やMiescher母斑、Spitz母斑やClark母斑の主に4種類から成り立っています。

特殊な手術方法

ほくろ除去にはレーザーや手術などの治療法がありますが、低侵襲手術に力を入れているクリニックがあります。これは術後の傷をなるべく小さくする方法です。低侵襲手術を開発した医師は、今では世界的に注目されるようになりました。テレビでも取り上げられるようになり、注目度はどんどん上がっていると言えるでしょう。

カウンセリングから始める

どの方法で除去するのかは医師の判断が必要となるので、まずはカウンセリングから始めます。カウンセリングの内容に納得すれば、続いて施術の申し込みへと進みます。一旦持ち帰って考えることも可能です。ほくろ除去ならカウンセリングの後に施術へ移ることが出来るでしょう。

広告募集中